国産バイオリンの先駆者、鈴木バイオリン製造株式会社について

鈴木バイオリン製造について

バイオリン一筋120年以上

鈴木バイオリン製造の創始者である鈴木政吉。
彼が初めてバイオリンを造ったのは1887年(明治20年)でした。

それから1.2世紀以上。
アインシュタインも賞賛の手紙を送った
その高い技術力は、今も職人たちに受け継がれています。

バイオリン一筋120年以上

国産バイオリンの先駆者

バイオリン製造の本場といえば、ヨーロッパです。そうした中、日本に持ち込まれた1本のバイオリンをモデルに、外国人技術者の指導を受けず一からバイオリン製造に取り組み、他に先駆けて国産のバイオリンを造った男がいました。それが鈴木バイオリン製造株式会社創始者の鈴木政吉です。

国産バイオリンの先駆者

豊富なラインナップ

鈴木バイオリンではバイオリンを始め、ビオラ、チェロ、コントラバス、マンドリンなど様々な弦楽器を製造しています。
また、これからバイオリンを始める方でもお買い求めやすい価格のものから、素材からこだわり抜き熟練の音楽家にもご満足いただける音色のものまで、幅広い価格帯で各種楽器をご用意しています。

豊富なラインナップ

本場ヨーロッパでも高評価の精度

バイオリンは、機械加工された荒削りの状態から木材を削る『手工』、ニスや着色剤を塗る『塗装』、各部品を取り付ける『仕上げ』を経て完成します。そのほぼすべてが手作業です。弊社では分業制でそれぞれの工程を熟練の職人が担当し、大量生産には向かないバイオリンを1工程ごとに精密に分析することで、常に安定した品質のバイオリンを製造しています。

本場ヨーロッパでも高評価の精度
ページトップへ