鈴木バイオリン製造のバイオリン職人をご紹介しています。

職人の素顔

職人の素顔

表板・裏板削り 磯谷さん キャリア30年 製品の良し悪しを決めるのは、年齢でもキャリアでもない。真剣さやしっかり造るという気持ち。

表板・裏板削り 磯谷さん キャリア30年

柔らかくて優しくて、そんな木の性質が好きなんです。

また、木はとても素直です。自分の仕事が結果として製品に顕著にすぐ現れるところが、バイオリンづくりの面白さだと思います。

そして、製品の良し悪しを決めるのは、年齢でもキャリアでもありません。真剣さやしっかり造るという気持ちだと思います。そうして想像通りの製品に仕上がった時、この仕事の喜びを感じるのです。

表板や裏板を削るための小さな鉋には、自分なりに使いやすくフィットするよう自ら絶妙なアーチを施します。そんな道具や仕事に対するこだわりのひとつひとつが、いい製品を生み出すのだと考えています。

表板・裏板削り 磯谷さん キャリア30年

塗装 工場長 谷口さん キャリア47年 何十年後、塗料はどう変化しているか。長年の技術の上に、さらなる研究を今も重ねている。

塗装 工場長 谷口さん

バイオリンをお使いになられる方は、まず手にとって、そして音を確かめます。

その手にとっていただけるような雰囲気づくりも、塗装の大切な役目のひとつです。工場には、美しく魅力的な楽器に造り上げるための研究材料として、サンプルのバイオリンがズラリと並んでいます。

何十年という年月を経て、バイオリンはどのように色が褪せていくのか。そして何十年後、塗料はどう変化しているか。この変化に対応するには、どのような塗り方や塗料が良いのか。長年の技術の上に、さらなる研究を今も重ねています。

いつまでも楽しくやれるからこそ、技術は向上するし、やりがいが絶えることはないのだと思いますね。

塗装 工場長 谷口さん

ネックづくり 近藤さん キャリア47年 バイオリンづくりが好きで好きでしょうがない。だから、40年以上もやっているんだ。

ネックづくり 近藤さん

自動車会社に勤めていた47年前、バイオリン製作の紹介を受け、木の宝石を目にしました。飴色にピカピカと輝いているバイオリンの最初の印象が、今でも忘れられません。

削っている時は、すべてを忘れてしまうほど没頭しています。こんなに楽しくて好きな仕事はありません。

また、現代において“手工”という職業は貴重なので、そうした点でもやりがいがありますね。手でものを造れる喜びを日々噛みしめています。

多くの職人の中で、40年以上のキャリアを持つ匠たちは4人。みんな良い仲間であり、いい意味のライバルです。長年の仲間として、技術だけでなく、信頼関係も培っているからこそ良い製品ができるのだと思います。

ネックづくり 近藤さん
ページトップへ