鈴木バイオリン製造のバイオリン職人の技術をご紹介します。

職人が造るバイオリン

表板・裏板削り 音づくりに欠かせない計算された繊細な起伏は、十数種類の自作鉋と卓越した職人技が生み出す

バイオリンの本体を構成する表板と裏板は、音量・音質を決定する重要なパーツです。表面・裏面それぞれ鉋で削り、厚みを調節していきます。使用するのは、削る表板・裏板の曲線に合わせアーチ状に加工した自作の鉋です。削る部分のそれぞれのカーブに合わせて数種類の鉋を使いわけ、長年培った技術で板の起伏を造りあげます。

削る際に材料をしっかりと固定する「削り台」も、鈴木バイオリンのオリジナル。
表・裏の両面に使用でき、机下につながっているワイヤーで、手だけでなく足でも台を巧みに操作することが可能です。
地道な作業だからこそ、効率も考慮された道具と職人の技術で表板・裏板の繊細な厚みを調整していきます。

木はとても素直です。職人の技をダイレクトに結果として映し出します。また、材料のそれぞれの特性に合わせて、技術も変化するもの。職人は木と会話しながら音づくりをしています。

1日で製作できるのは表板・裏板の5セット程。それは職人の手のみで行う所以です。
バイオリン独特の滑らかさやカーブは、伝統に基づいた様々なこだわりや工夫から生み出されているのです。

ネックづくり 職人技から生まれる曲線美 滑らかさの中に正確な軌跡を描く

バイオリンのもうひとつの顔ともいえるネック部分。スクロール(渦巻き状の部分) の出来映えも、バイオリンの美しさを左右する要素です。また、ネックはバイオリンを弾く際に手で本体を支える唯一の部分。演奏者にとってバイオリンの良さを実感できるパーツのひとつでもあります。

カドのある加工前の材料も、職人の手にかかると、非常に滑らかなカーブを描き、渦巻きの軌跡は正確なラインを成します。安定した確かな技術がなければ、こうも精密に仕上げることはできません。

ネックづくりで一番難しいのは、渦巻きの面の部分。繊細で細かい部分だけに、高度な技術が必要となります。端正でキメ細やかな仕上がりは、職人の成せる技なのです。

木の性質や季節の変化に合わせ、技術も変わります。そうした職人の仕事を支えるのは、やはり自作のこだわり道具。彫る場所や、角度に合わせて微妙にそれぞれ異なります。

ノミや彫り道具は、長年の使用によって磨り減り、徐々に変形していきます。減りすぎると、使い勝手や作業効率が悪くなるので、自分で新しいものを再度こしらえます。
道具へのこだわりも技術に反映され、最後には製品となって現れてくるのです。

塗装 バイオリン本体の表情を造るだけでなく、繊細な面や形のイメージ、木目の美しさを最大限に活かす

バイオリン製作における塗装は、バイオリンが醸し出す雰囲気づくりの要となります。バイオリンの顔に施す“化粧”ともいえるでしょう。この工程で一番大事なのは、手工で加工した繊細なカーブの面や形のイメージ、材料の木目の美しさを活かして塗装することです。

人がバイオリンを選ぶ時、まずは手にとって、そして音を確かめます。その際、手にとりたくなる、人の心をつかむ表情を造り出すことも塗装の大切な役目なのです。

塗料は、透明度の高いニスとヨーロッパからとりよせた12種類の天然樹脂をブレンド。 その方法は常に同じではなく、季節や温度・湿度の変化に合わせて変えています。良いニスを使うことは見た目だけでなく、音づくりにも有効です。

上級品のバイオリンともなると、目止めの塗料を5回、着色塗料を15~20回、保護を目的とした透明のニスを5~10回にわたって塗り重ねます。乾燥や研磨を含めると、1本の塗装が完了するまで60日かかります。

職人だからできる、計り知れない集中力と長年の腕で、バイオリンに艶やかな装いをもたらしているのです。

ページトップへ