鈴木バイオリン製造の創始者鈴木政吉についてご紹介しています。

ショッピングガイド

1.宿命ともいえる転職への準備期間

1.宿命ともいえる転職への準備期間

鈴木政吉は、安政6年(1859年)、現在の名古屋市東区宮出町に生まれました。
父正春は尾張藩士でしたが、乏しい家禄だけで生計をたてるのは困難で、細工好きの腕を琴・三味線づくりの内職に役立て、どうにか家族6人を養う身の上。長兄は夭死し、次男政吉は奔放に育ちました。

8歳から3年ばかり漢学を習った後、様々な勉学に励みますが、時代の流れとともに維新の政変と貧乏にさいなまれ、就学のすべを失います。同じく家禄も奪われ、内職を家業にくら替えして、武士の商法に打って出た父親の手助けをすることになるのです。

家業手伝いの2年が過ぎ14歳になった政吉は、従姉の嫁ぎ先である東京浅草の塗物商・飛騨屋の奉公人として上京します。奉公生活は主人夫婦が揃って亡くなるまでの約3年間でしたが、日々の酷使を天がくれた試練と受け止め、貴重な体験をしていきました。また深夜には人目を盗み、読売仮名付新聞で文字を覚えたり、必死に記帳や発信の基本を自習したりしていたそうです。

そうして身につけた“塗りの感覚”や日毎夜毎に養い鍛えた知識が、かけがえのない財産となり将来のバイオリン製作に活かされることになるとは思いもしなかったでしょう。

3年後に帰郷し、家業の三味線づくりの下職に従事するようになった政吉は、飛騨屋仕込みの早起遅寝で奮闘し、翌年には父から一家をまかされるようになりますが、大工の半分くらいしか稼げぬ苦境が続いていました。唯一、仕事に対する面白さだけを糧に、苦境に耐えながらも努めますが、明治17年には父が病死してしまいます。

その後の不況は格別にこたえ、また鹿鳴館の鼓動が容赦なく和楽器の需要難に拍車をかけてくるのでした。

2.運命の出会い

2.運命の出会い

そんな苦境の中、政吉は高給が望める音楽教師になることを考えるようになります。父の奨めで長年稽古していた長唄の素養を活かせば教師になることが可能だと聞き、稽古仲間のつてで、愛知県師範学校音楽教師恒川鐐之助の門を叩きました。

入門後程なくして、運命の出会いを果たすことになります。政吉は同門の甘利鉄吉から和製バイオリンを見せられ、たちまちそれに魅了されてしまうのです。徹夜でそれを模写し、1週間で仕上げ、苦心のバイオリン初作を恒川に見せました。そしてその嘉賞と激励を励みに手掛けた第二作が売れ、注文も舞い込んで、助手数名を雇うようになったのです。明治20年初頭のことでした。

数ヶ月後、岐阜県師範学校に本物の舶来品があると知り、政吉は自作を携行してこれに一騎打ちの比較を挑みます。
結果は、見事な惨敗。しかし、その舶来品のバイオリンは、日本の梅雨の湿気にやられて板がはがれていました。何とその修理を政吉がまかされたのです。その際、彼が宿敵の正体を思う存分模写したことはいうまでもありません。その作業に夢中になるうち、いつしか政吉の胸にはこの仕事を天職とする思いが、あたかも天の導きのようにわき起こってきたのです。

3.工場生産の開始

3.工場生産の開始

明治23年(1890年)、生家から東門前町の借家に仕事場を移し、さらにその翌年には大枚300円を投じて向かいの住宅を買入、これを工場にして生産・研究を続けました。その結果、第3回内国勧業博の有功賞(明治23年)を皮切りに、北米コロンブス世界博の賞牌(明治26年)、第4回内国勧業博の進歩賞(明治28年)を受賞し結実していきます。

政吉は、これらの表彰によって自信を得ながらも、用材の選定から乾燥の具合、塗装の配合等といった製作上のあらゆる難問にぶつかるのでした。

しかし、長唄の稽古で養った自慢の耳と、口癖にいう“二つのぼう”で、彼はそれらの難問と戦いながらバイオリン製作に没頭していきます。二つのぼうとは、辛抱(しんぼう)と貧乏(びんぼう)のことであり、政吉得意のキャッチフレーズでした。

そんな精神のもと、政吉はその後訪れる経済恐慌や日清戦争直下の衝撃を凌いでいくのです。

ページトップへ