初心者のためのバイオリンの選び方について紹介しています。

バイオリンの選び方

価格・ブランド・外観・生産地など、バイオリンの選定基準は様々です。

価格・ブランド・外観・生産地など、バイオリンの選定基準は様々です。

そのため、どのように選べば良いか悩んでしまう方も多いでしょう。
ここでは楽器としての価値の高い、お気に入りのバイオリンを選ぶコツをご紹介します。

良いバイオリンとは

形や色、仕上がりなどの“見た目”も大切ですが、バイオリンはそもそも楽器なので“音”が最も重要です。音にかかわる要素として、材料/製作技術/セットアップの3点を踏まえて選ぶと良いでしょう。

材料
材料 材料は最良の状態になるまで何年もかけます。

製作技術/セットアップ
製作技術/セットアップ 各工程で熟練の職人たちが1本1本手づくりで製作しています。

楽器の本質的な価値でバイオリンを選ぶ

楽器の本質的な価値でバイオリンを選ぶ

仮に今1本のバイオリンを手に入れたとして、あなたはそれを何年弾くことができるとお考えでしょうか?基本的に、バイオリンは半永久的に弾き続けることが可能です。もちろん、そのためには様々なメンテナンスが必要となりますが、良い楽器であればあるほど必要なメンテナンスは少なくなります。とはいえ、常日頃の“演奏者による愛情を込めたお手入れ”が欠かせないことはいうまでもありません。

バイオリンは、必ず“演奏者の気持ち”に応えてくれます。木材でできているバイオリンは、年月が経つにつれ乾燥し、いい音色を出すようになる楽器です。また演奏者が上達するにつれ求めるものが徐々にレベルアップしていっても、良いバイオリンは十分それに応えてくれます。

数十年後、演奏を通じて習得した技術を活かし、とっても親密になったバイオリンとともに美しい音色を奏でる――。それこそが良いバイオリンだけが持つ本質的な価値といえるでしょう。

鈴木バイオリンには選ばれ続ける理由があります

鈴木バイオリンが120年以上にわたり選ばれ続けてきた理由は、その上質な素材と長年の伝統に裏打ちされた技術にあります。熟練の職人が1本1本丁寧に手づくりしているバイオリンは、コストパフォーマンスが高く、価格以上の価値を実感していただけるはずです。時代が変わってもなお、愛用者が絶えない鈴木バイオリン。その価値をお確かめいただければ幸いです。

鈴木バイオリンには選ばれ続ける理由があります
ページトップへ