バイオリンの基礎知識についてご紹介しています。

バイオリンとは

憧れるだけはもう終わりです。

憧れるだけはもう終わりです。

バイオリンを知り、これから自分の一部分として付き合っていくために必要な基本的な知識をご紹介します。

バイオリンについて

バイオリンについて

バイオリンという楽器のはっきりとした起源、発明者はわかっておりません。
7~8世紀に、擦弦楽器の一つとされるレベック(Rebec)などが徐々に改良され、15世紀の末期にはビオール(Viol)が造られ、イタリアのガスパロ・ダ・サロ(Gasparo da Salo)により大体今の形になったといわれています。

既に16世紀中ごろには、楽器本体は現在のバイオリンとほとんど変わらない、高度に完成されたものが出来上がっていたとされています。

その後1680年以降、クレモナの黄金時代にはN.アマティ(Nicola Amati)、A.ストラディヴァリ(Antonio Stradivari)、G.グァルネリ(Giuseppe Guarneri)といった製作家たちが精度の高いバイオリンを数多く製作。彼らの手がけたバイオリンは、現在でも最も良い楽器「名器」として受け継がれています。

各部の名称
ページトップへ