鈴木バイオリン製造のバイオリンの素材についてご紹介します。

素材について

木材でできているバイオリンは、年月を重ねるにつれ素材が変化し、良い音色を出すようになるとされています。

木材でできているバイオリンは、年月を重ねるにつれ素材が変化し、良い音色を出すようになるとされています。

価格の上でも差が出るのが、木材などの素材。素材を知ることでバイオリンの見方も変わります。

バイオリンは木材が命

バイオリンは、木材でできています。主に、表板はスプルース(松)、裏板・側板・ネックはメイプル(楓)で造られています。

同じ種類の木材でも産地によって材質に違いがあり、樹木1本1本から製材される木材に二つとして同じものはありません。また、木目によっては高級なものとして扱われることもあります。木材は伐採された後、十分に乾燥させたものを使用しますが、この乾燥にかける年月によっても価格は様々です。
楽器の命である“音”を良くも悪くも左右するのは木材。

まずは、バイオリンを形成する木材の質が非常に重要になってきます。
十分に自然乾燥させた木材は高級品として、上級クラスの楽器に使われるのです。

鈴木バイオリンでは、長年にわたる取引を通じて、製材業者との間に強固な信頼関係を構築。良質の材料が安定的に供給されており、また、まとまった数量を仕入れているため、コスト面でも優遇されています。

バイオリンの素材について

スプルース

※画像はイメージです。

スプルース
日本では一般にベイトウヒ【米唐檜】と呼ばれ、軽軟で弾力性があります。
加工・仕上がりとも良く、乾燥も早く、強度も高い木材です。
音響特性にも優れており、楽器用材の中で最も比重が小さく音響伝播速度が速いので、バイオリンの表板の他、高級ピアノにも利用されています。
メイプル
カエデ科の落葉広葉樹。緻密で程良い堅さを持ち、光沢があり、木目も美しい木材です。
線状の木目を持つものがあり、裏板、側板、ネック等に使用されます。
エボニー
カキノキ科。黒檀とも呼ばれ、その堅さや耐久性の良さから指板や付属部品等に使用されます。色は黒く、意匠のアクセントとしての効果もあります。
ボックスウッド(ツゲ)
ツゲ科の常緑高木。軽い木材で、糸巻き、テールピースに使用されている他、オールド楽器ではよくあご当てとして用いられています。
ローズウッド
マメ科。赤紫褐色~紫色を帯びた暗褐色で、比重が割合高いため、倍音が出やすいとされています。糸巻き等の付属部品に使用されます。
ページトップへ