鈴木バイオリン製造の創始者鈴木政吉についてご紹介しています。

ショッピングガイド

4.明治33年の三大壮挙

4.明治33年の三大壮挙

日清戦争の勝利が会社企業の異常な勃興を誘う中で、音楽界には芸術的洋楽の発展と民衆音楽の拡大という新気運が開けてきましたが、政吉はこの明治30年代の初頭を三つの壮挙で飾ります。
第一は、バイオリン頭部の自動削り機(渦取機)の考案及び完成。さらに2年後には甲削機(表板と裏板に丸みを持たせる加工機)を発明しました。
第二は、本格的な工場の建設。住宅まがいの作業場から近代式工場へと脱皮しました。
第三は、パリ万国博にて政吉のバイオリンが銅賞を受賞。
以上の壮挙を機に、政吉は事業飛躍の体制を樹立し、念願のバイオリン大量生産を開始したのでした。

5.記録に残る最盛期

5.記録に残る最盛期

大正3年(1914年)、欧州大戦が勃発し、世界のバイオリン市場を独占していたドイツの生産が途絶えると情勢は一変します。世界各地からの発注が政吉のもとに集まってきたのです。

政吉は量産にめげず、なおも研究姿勢を崩しませんでした。

バイオリンの製造過程における塗りに対しても、つねに品質の維持向上を求め、研究開発をしては新技術を現場に持ち込んだのです。また、輸入断絶で入手困難となったバイオリン弦の自社開発にも成功し、大正6年には産業界の功労を称える緑綬褒章を授与されました。
急膨張した発注に対する、生産体制の確保とさらなる品質向上への取り組みは、歴史に残るバイオリン製造の最盛期につながっていきます。

当時従業員は1,000名を越え、毎日500本のバイオリン、1,000本以上の弓が量産され、輸出のみで年間に10万本のバイオリン、50万本の弓を記録したといわれています。
また、4系列・27品種のバイオリンを筆頭にビオラ以下の新器種はすべて数品種を揃えた他、マンドリンやギターも製造しました。その製品ラインナップは、合わせて弦楽器53種、弓23種、ケース13種の多岐にわたるまでになっていました。

政吉は、音楽はもとより、バイオリンを取りまくすべてを愛していました。
大正10年から同年末にかけ、エルマン、クライスラー、ハイフェッツ、ジンバリスト、モギレフスキー等、世界の一流バイオリニストが来日した時期、名古屋における彼らの演奏会を主催したのも、彼らの名器を調整修理したのも政吉だったのです。

6.クレモナ名器への挑戦

6.クレモナ名器への挑戦

政吉は、好景気に酔い続けていたわけではありません。
戦後の反動とドイツの再起という中で、景気はかげりを見せ始めます。
そうした中でさえ、政吉はストラディバリやガルネリの手によるクレモナ名器への挑戦を推し進めていきます。

研究・苦心の果て、大正15年10月、長男梅雄、三男鎮一に作品数本をたくしドイツの製作大家等の多数を訪問させました。
成果は「クレモナ巨匠の遺作に匹敵する絶品」という賞賛の声だったのです。

様々な快挙の根底には、政吉が和楽器職人の生え抜きの身であったことが挙げられます。
政吉は、バイオリンの生産工程について一度も外国人の指導を仰ぎませんでした。日本古来の楽器製造技術がきわめて優秀であることを信じた政吉の、その体得者としての自負と意地がこの快挙を生み出したのです。

ページトップへ